Blogブログ

髪や頭皮や食品のことなど体に良い情報をお伝えします。

つい触りたくなるようなツヤ髪になりませんか?part3

シャンプーはオーガニックやノンシリコンじゃなきゃ髪には良くないの?

巷ではちょっと前からよく耳にするようになった
オーガニックシャンプー

ノンシリコンシャンプー

 

お客様の大半の方がこちらが良いと勘違いして購入し、使われています。

 

私的にはあまりにもメーカー側が発する商品のネーミングばかりに惑わされて、本質を見失っているようにしか思えません。

そもそもシャンプーする目的とは?

地肌や髪に付着した皮脂や汚れを浮かせてお湯で洗い流すもの

 

 

 

 

そう、皆さんご存知でしょうが、水と油は混じり合いません。

よく台所で天ぷらを揚げていた際、油に火が点火して炎が上がった。それを消そうと水をかけても逆効果で鎮火しません。

むしろ水が油を飛び散らかそうとして炎をより強大にしてしまいます。

水と油は混じり合わない

からです。このような状況では消化器を使うのが最適な方法です。

 

話を戻して、この混じり合わない水と油の両方と混じり会えるのが

界面活性剤

なんです。

 

 

 

シャンプーやトリートメント、ボディソープ、乳液、衣料用柔軟剤など幅広く使われています。

水分と油分をバランス良く保ってくれるのです。

 

そしてオーガニックだろうと、ノンシリコンだろうと、界面活性剤の目的は

 

汚れを落とすこと

です。これがシャンプーする一番の目的です。汚れが綺麗に落ちればいいんです。

どんなシャンプーを使おうとも。

 

 

 

界面活性剤は種類よりも配合量が大事です。

 

オーガニック、ノンシリコン、アミノ酸系、石鹸系、など豊富なラインが揃うシャンプー剤。

しかし、そこに含まれている界面活性剤は全て同じです!

シャンプー剤のネーミングの違いは界面活性剤以外に含まれる成分、シリコンや増粘剤によって変わります。

そしてシャンプー剤の一番の違いと言えば

 

界面活性剤の配合量

 

洗浄力が強いか弱いか。

そして洗浄力が弱めだから髪には優しい。

というのも一概には言えません。

何故なら、洗浄力弱めだと地肌や髪の汚れを落としきれずにトリートメントでパックされる。

要は付着した汚れも一緒にヘアパックしてしまう。

これを繰り返していくとどうなるか?

お顔で例えれば、毛穴の汚れを落としきれずに、パックしてしまう。

 

いずれ髪も肌も内部では傷んでいきますよね。

 

 

界面活性剤で汚れを落としたらすすぎは入念にしましょう

 

洗濯機で衣服を洗濯する際、洗い時間よりもすすぎ時間のほうが長いと思います。

界面活性剤は汚れを吸着する性質があります。

ただすすぎ残しがあると汚れも髪に残ったままになってしまう。

よって洗いよりも

 

すすぎに時間をかける

 

ことが何より大切。これによって汚れが綺麗さっぱりと落ちるのです。シャンプーはよく泡立ててするけど、すすぎはさっと流す程度な方が大半でしょうが、この界面活性剤が残りすぎていると髪や頭皮にはあまり良くありません。

 

シャンプーの倍の時間をすすぎに費やしましょう

 

 

シャンプー前はブラッシングをしましょう

特にミディアム、ロングレングスの髪が長めの方はお風呂に入る前は必ずブラッシングをしてからシャンプーをしましょう。

 

ブラッシングすることにより、髪に付着した埃や汚れを落とせ、髪表面のキューティクルを整えてくれます。埃や汚れが付着した状態でシャンプーしても髪全体を満遍なく洗いづらくなってしまいます。

 

シャンプー前以外にもお風呂上がりドライヤーで髪を乾かした後、そして朝の出勤前などにブラッシングするだけでも髪にツヤ感が蘇ります。地肌からブラッシングすると頭皮の自油を髪に馴染ませる事が出来るので、髪のキューティクルが整ってくれます。そして頭皮マッサージにも最適なんです。

 

ロングヘアーはブラッシングが命

 

とでも覚えておきましょうね。

まとめ

・あくまでシャンプー剤は汚れを落とすものと認識しましょう。

・シャンプー剤の種類にとらわれず、洗い上がりの手触りがツルツルしすぎない位の洗浄力があるシャンプーを選びましょう。

・シャンプーよりもすすぎに倍の時間をかけて入念にしましょう。

・ロングヘアーの女性はブラッシングでツヤ髪をキープしましょう。

 

ご自身の髪質に合ったシャンプー剤を使って綺麗でサラサラな素髪美人になりましょう。

 

 

〜comme moi〜

自分らしく、私らしく、綺麗であるために

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事