Blogブログ

髪や頭皮や食品のことなど体に良い情報をお伝えします。

グレージュカラーは色落ち早いですよ!持たせるにはホームケアも必要だよってお話し

最近流行りのグレージュカラー

20代の女性がヘアカラーの際、8割位オーダーしてくる。

グレージュカラー

ひと昔で言うシルバーカラーなのかなっ。

昔から日本人は欧米人のプロンドプラチナカラーに憧れている。

 

日番谷冬獅郎

こんな感じやなぁ

 

正にブリーチのグレージュカラー。

 

兎に角多いグレージュカラーに憧れる女子。

 

そして、

すぐに色落ちるんです!

と口を揃えたように語る女子。

 

うんうんっ、色落ち速いよねぇー。

けど暗くはしたくないんだよねー。

 

綺麗なグレー感を残して、色持ち良くしたいんだよね。

 

色持ちよくするためには

そもそもヘアカラーの色味が抜ける原因

1.シャンプー剤に含まれる界面活性剤による退色。

2.ドライヤーやヘアアイロンの熱による退色。

3.日焼けによる退色

4.海やプールに含まれる塩素による退色

5.就寝時の枕に髪が擦れる摩擦による退色

が考えられます。

これらの全ては

僕ら美容師の手の及ばない部分

なんです。

 

ヘアサロンでカラーリングする際、色持ちを良くする手段として、

1.トリートメントと同時施術でヘアカラーする

2.カラー剤にブラウンを混ぜる

3.シャンプーは1回で済ませる

4.色素の濃いグレーカラーも少しミックスする

5.カラー剤を流す前に乳化し、保湿剤を付ける

などです。多分美容師さんならば、皆さんやっていることでしょう。

 

がしかしっ、

 

オーマイガット!

 

これらを施しても色落ちするんです!

 

そこで、少しでもクレージュ感を持たせるためにはというと、

 

シャンプーしないに限る!!

 

んです。そう、ご自宅でシャンプーしない!

 

単純に色落ちは防げますが、もてはやされる女子落ちは確定ですかね。

頭皮が臭う感じは嫌ですよね。

 

だから家でのアフターケアをしていただきたいのです

 

僕ら美容師がお客様の髪に携われるのは早くて2カ月に1回、2〜3時間の間です。

あとの時間はお客様次第です。

 

アフターケアのやり方

1.シャンプー剤はブルーシャンプーやシルバーシャンプーなど色素を補ってくれるシャンプー剤を使う。

2.シャンプー前に髪にコンディショナーを付けてからシャンプーする。

3.シャンプー後はヘアオイルを付けたからドライヤーで乾かす。

4.髪が濡れたままで寝ない。

5.髪が長い方は寝る時、髪が枕で擦れないようにお団子にして寝る。

6.日差し強い日は髪にオイルとUVスプレーを付けてからお出かけす?

7.ヘアアイロン使用時の温度は160度〜180度で一回で終わらす。何度も髪に熱を通さない。

 

ざっと挙げてこれくらいです。

 

 

 

分かっちゃいるんですけどねー、

 

髪は死滅細胞、一度死んだら生き返りません

 

人間のお肌はターンオーバーを繰り返し、古い角質層を落とし、新たに再生さます。

しかし、髪の毛は一度生えたらターンオーバーしません。

要は傷んだら痛みっぱなし!なんです。

・ヘアアイロンで熱焼けした毛先

・ブリーチや縮毛強制を繰り返した毛先

・軽く鋤すぎた毛先

の軋みや枝毛は元通りには戻りません。

 

ヘアサロンでの集中トリートメントで一時的に手触り良くなっても持って2週間位です。

 

髪の毛はお肌みたいに再生はしません。

 

 

少しでも綺麗な髪とヘアカラーでいてもらいたいために

 

僕ら美容師はヘアサロンで少しでもお客様の髪に負担をかけずして悩みを解消し、お望みのヘアスタイルに近づける努力をしています。

 

そして理想を手に入れるには僕ら美容師の腕と努力と

お客様自身の毎日の一手間

が必要なんです。

 

どんなヘアスタイルを作るにしても

素材ありき

です。

魚で例えたら、鯵を使って鯛の味を出そうとすること。

多少は近づけられてもたかが知れています。

 

偉そうな事を言うつもりはございませんが、日常生活の中で、無理のない

一手間

を髪にかけてあげてください。

 

一美容師からのお願いです。

 

comme moi

自分らしく、私らしく

綺麗であるために!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事